フェナカイトについて書かれたブログ

 ★店長のブログの中でフェナサイト(フェナカイト)に書かれている文章を転載しております。 → 最新のブログはこちらです。

 ★当店にてフェナサイトをご購入頂きましたお客様の体験談はこちらをクリック願います。

フェナサイトから、光のシャワー


フェナサイトの原石から輝きが失せてしまったという方のために、
何かメッセージは?と聞くと、フェナサイトから光のシャワー。

「流して、流して、流しなさい。

あなたの愛を止めないで。石たちから受け取った全ての光と愛を
あなたという媒体を通して、流しなさい。

流して、流して、水の様に流して、
全てをあなたの愛で包みなさい。

私の光のシャワーを浴びて気持ちよいでしょう?

周りにも、同じようにしてあげなさい。

あなたが浴びせた愛は、あなたに戻り、
あなたとあなたの周り全てのものを輝かせるでしょう。

それが、宇宙の法則というものです。」

気持ちの良い、フェナサイトのシャワーを浴びる、日曜日の午後。

大天使ミカエル


クリアなナイジェリア産フェナサイトが高次の存在の通訳をしてくれるというので、
大天使ミカエルを呼んでみました。

目を閉じると、巨大な翼がバサッと音を立てて頭の上から降りてきました。

翼の中で色と形を感じると、青いマントと金色の光が見えました。

胸が締め付けられるほどの強い愛で満たされ、
第三チャクラ(腹部)に「意志」と「叡智」と「信念」いう金色のエネルギーが
愛と共に注ぎ込まれるのを感じました。

愛と勇気と正義でもって、闇を切り裂き、最先端を歩くミカエル自身の波長も感じました。

メッセージをお願いしてみると、光によってある理解を体感させてくれました。

ミカエル:「あなたの課題は、自分を信じることです。
自分を信じることは、落ち着いて中心に定まることであり、『愛』に通じています。
その愛が鍵となって神の部屋へ入ることができます。
その部屋で、あなたは、あなたがいかに神に愛されているか、
実際あなたが神と一つであるかを知ることができます。」

私:「どうしたら、自分を信じることが出来るのですか?」

ミカエル:「逆説的ですが、自分がいかに神から愛されているか、
あなたと神とが一つであると知ることです。
それを知れば、疑いの全ては透明な光の中に溶けゆくでしょう。
それが、本当の自信です。
あなたが今しているように、これからも心と身体を光で満たし、透明になっていくことで、
神の愛をいつも体感している状態を保つことができるでしょう。

あなたは、強い意志を持っています。
意志の力を使って、神への道を歩んで下さい。
私はいつもあなたと共にいます。」

ミカエルの光の言語をフェナサイトの力を借りて、言葉に置き換えてみました。

ミカエルとフェナサイト、ありがとう。

ニュートラルであること


心をニュートラルに、純粋にして、光に意識を向けることが
石の波動を感じる上で、とても大切だと思います。

繊細であること、敏感すぎることは、幼い頃から両親にとっては私の欠点でした。
直しなさいと言われても、直すことが出来ませんでした。

年齢も多少重ねた今、その敏感さによって、
石の光と香りを身体から意識的に呼吸することが出来るようになり
自分自身の感覚を信じられる度合いが強まったように思います。

敏感な自分を信じ、かつニュートラルであることは、矛盾しないことだと気づくまで
長かったように思います。

波動が分かりにくいガラス質のアンダラは、光を感じて受け取れる心の状態でなければ、
受け入れられないクリスタルかもしれません。

人がクリスタルを選びますが、クリスタルも人を選ぶのです。
そして、必要なときに、必要な人が出会うのでしょう。

フェナサイトを持つことを、私は長い間躊躇していました。

感覚が開くと、それを利用して道からそれた生き方をするのではないかと
深いところからの恐れがあったからです。

感覚は智慧と愛を持って真実を生きるために開かれるもので、
それを心がけていれば道からそれることはないと、今は確信しています。

私にも多少なりともフェナサイトを手にする準備が出来たのでしょうか。
今、フェナサイトを身につけて、身体が眩しい程の光に包まれているのを楽しんでいます。

アンダラの各色は、各チャクラに対応しており、各チャクラは、それぞれが小宇宙、曼荼羅です。
愛と真実をいかに生きるか、それを探求するために
私たちは、身体という宇宙を与えられているのだと思います。

ルミネッセント・ブルー・アンダラに、私は、自分自身の魂の起源を見ます。

ルミネッセント・ホワイト・アンダラからは、神の純粋な光を。
波動がとてもわかりやすいフェナサイトですが、
フェナサイトを喉に貼ると、やさしく話している自分に気づきます。
眉間に貼っていると、常に真実の目で見ようとしていることに。
心臓部に貼ると、ハートを開き続けた状態で愛を持って生きようとしていることに。

外すと直ぐ元に戻ってしまうのですが、その状態を記憶して
そうなろうと努力することは可能です。
その先に見えるのは、神への道。
アンダラは、ニュートラルですが、病気を治す必要があると見なしたときには
もの凄い癒やしの力を発揮し、その人が病気(の原因)に対面する必要があると
見なしたときには、ほとんど反応を見せません。

その基準は、宇宙の法則です。

それぞれの石に、それぞれの役割があり
、 石たちを預かった私は、石たちがその役割を発揮できるよう
心を純粋に保つ必要があります。

人の持つ波動は、強く、直ぐに環境を汚染するからです。

もしかしたら、自分が発展途上のため、または勉強不足で、理解できない、知らないだけかもしれないことにも、
心を開き、謙虚に生きられたら。

そこに偏見なく、純粋でこどものような心でいられたら。

自分を律することに対してかなりのエネルギーを使い、固くなりそうになる私の心を

ふわふわにしてくれるのは、家族の存在です。

心が折れそうなときに、いつもするのは、バカげた話。
げらげら、笑い転げています。

私は、こうして、家族にも、石にも、たくさんの人たちにも生かされている。

ありがとう。

言葉の力


毎日、こどもたちをじっと見つめて、こどもたちの横顔を愛でながら(笑)
「かっこいいね。かわいいね。やさしくて、頭が良くて、凜々しくて。大好きだよ。」
と言います。

すると、2人とも「うん。ありがとう。ぼくも大好きだよ。」と言ってくれます。

昨晩、お風呂に入る準備をしてあげていると、
「おばあちゃんになって、ヨボヨボのヨレヨレになっても、ずっとずっと大好きだよ。」
見上げたら、次男がやさしい目で私を見つめてくれていました。

その言葉をしみじみ味わって・・
私のような者のところに生まれて来てくれて、私を母にしてくれて
育てさせてもらって、とても感謝しています。

生まれ来る前は、きっと悩んだだろうに。それでも来てくれた。

溢れんばかりの愛を注ぎ、私を愛で包んでくれる2人に、私は
どれほどのお返しが出来るだろうか。

この二つの魂の力に何とかなれたら。

くじけそうなときも強く生きられるように、
授かった能力を、忍耐強く努力と共に育み、発揮できるように。
自分と夢を信じて、人生を明るく切り開いていけるように。

2人の光り輝く本質を信じて、
陰ながらサポートできたら、どんなにいいだろう。

この2人を授かったのも、主人のお陰なのですが、ちょっと自信をなくして、
「17年も一緒にいれば、恋人だったときのドキドキもワクワクもなくなっちゃうよね?」
と言ってみたら、

「千絵と暮らす毎日は、僕にとって驚きに満ちた新鮮なものだよ。」
と言ってくれました。

私の方が驚いてしまいました。

普段は陽気で元気ですが、一旦バランスの崩れたエネルギーに当たってしまうと
不機嫌になり、寝込んでしまうこともあるので、
「私といると大変だよね。みんなに迷惑ばかりかけて、申し訳ない。」と言うと、

「千絵がいつか、どんなエネルギーも跳ね返すくらい強くなるって、僕は信じてるよ。」

私自身が信じられないことを、彼は、さらりと言ってくれ、あっけにとられながら、自分でも、
きっと、いつかそうなろう。

なんだか勇気が湧いてきました。

愛する人のポジティブな言葉は、人を生かします。

私もお返ししなくては。

フェナサイトとアゾゼオのアゼツライトが来てから、ライトボディが降りてきて
強い光が、思い込みや負の思いの全ての殻を突き破ろうとしているかのように感じるこの頃。

主人とこどもたちの言葉に生かされ、今日も頑張ろうと思います。

五感


目は、出会えたことの喜びを伝え、良いところを見つけ、やさしく見つめるためにここにある。

耳は、注意深く傾けて、聞こえた音を正しく心に伝えるために。

鼻は、香りから正確な波動を知るために。

口は、愛と真実の言葉を話し、微笑み、愛する人に美味しい料理を作るために。

手は、やさしく撫で、大切に扱うように。

判断も、偏見もなく、ただ中立に透明に無害であるために
必要があれば、人を助けるために
私たちは、五感を使い、ここにいる。

フェナサイトは、私にそう教えてくれました。

フェナサイト(フェナカイト)


透明なマダガスカル産のフェナサイトについて、
「この石、どう思う?」と小4の長男に聞いたら、
じっと見つめたきり黙って涙していました。

「神そのものの波動。
ぼくがずっと昔、神様のところにいたときの事を思い出させてくれるんだ。
全ての次元に通じる道で、どんなところにも時間を越えて行くことが出来る。
よくしゃべる石で、どの次元の存在とも会話することを助ける石なんだ。
目に見えないものを見やすくするし、聞こえにくいものを聞こえやすくする。
傷を癒やすことも出来るし、カルマも浄化する。光の塊だ。
この石は、偶然来たんじゃない。この家まで真っ直ぐにやって来たんだ。」

私も、同感でした。

長男は、ストイックに「石に頼ってはいけない」と言って
石を欲しがったりすることは、ほとんどありません。
神棚に置く石だけは、「この石は売ってはいけない」と言いました。
それが、フェナサイトでした。

先日、階段で、足の指に思いっきり体重をかけて転びました。
あ、折れたかも。と思うほどの痛みで、
みるみる青くなり、赤紫色に腫れてきました。

そこでフェナサイトが届きました。
封を開けて取り出すと、一部ぽろりと小さく欠けてしまい、触ってみると
ものすごい癒やしのエネルギーがあったので
足指にテープで貼ってみました。

すると、痛みが急激に柔らいでいきました。
数時間後、見ると、腫れは引いて、色も元に戻っていました。

これは、魔法だと思いました。

フェナサイトは、小さくても身体を光で満たし、全てのチャクラを調整しエネルギーの流れをよくします。

フェナサイトは、わくわくするほどの冒険の波動であり、神への道の案内人です。
カルマや障害があれば、その光により浄化し、道を歩きやすくしてくれる。
たくさんの扉を持ち、開くのも自由で、その世界が未知であれば、通訳もしてくれる。

ありふれた日常の生活が、不思議と冒険に満ちたものになり
全てが生き生きと輝き始めるような感覚さえあります。

また、現実を見つめ、冷静に判断することを促し
実生活においてもきちんと物事が運ぶように生活することも
教えます。

今は、フェナサイトの魅力にはまっていて、紹介せずにはいられない気持ちで
新しいショップを開きました。

これから、もっとたくさんの種類のフェナサイトが入荷する予定です。

もし機会があれば、もしフェナサイト(フェナカイト)に惹かれたならば覗いてみて下さい。

妖精の世界


フェナサイトと瞑想しました。

ホビットを見た後だったので、「妖精の世界ってあるのかな?」と自問したら
目の前に、美しい形の白い結晶がいくつも現れ、回転しては、
一つの世界を見せてくれました。
それは、曼荼羅。自然そのものでした。

端っこから、大きくて白い透き通った目をした、細くて小さいかわいい男の子がひょっこり現れました。

「あ!妖精!」
いたずらっぽく透明な眼差しが印象的でした。

「自然は、生きている。」

妖精の世界とは、森羅万象、自然そのものであり、自然には意識があり、生きている。

曼荼羅であり、宇宙でもある自然。

神聖なるもの。
私たちは、ここで生かされているから、生きている。

311の後、私たちは、自然という存在を決して馬鹿にできないことを
知っています。

それは、私たちに、生きているのではなく、生かされていることの
有り難さを教えてくれました。

魂に終わりはないけれど、肉体を一時お借りして生きるこの喜び、そして感謝。
必要なのは、責任と努力。

失われた命の分も味わい噛みしめ、今日も頂いた命を生かして頂きます。

全ての次元において、全ての魂が安らかでありますように。

    

運営会社からのインフォメーション

ご注文について

ご注文方法について:
・【この商品を購入する】ボタン→ご注文フォーム

・メール  cs@enomoto.jp
 ご注文内容を電子メールにて送信願います。

・電話  0800-800-6536(通話無料)
  (受付時間 平日/10:00~16:00)


送料について:
全国一律600円(ヤマト宅急便を利用)
*1万円以上御買上げで送料無料

 ・ご希望によりクリックポスト等での発送もお受け致します。


お支払方法について:


 ・ヤマト現金代引き(手数料315円)
  1万円以上御買上げで代引手数料無料



 ・送金手数料はご負担願います。
 ・入金確認後に発送させて頂きます。



当社運営ショップ一覧

榎本通商の新着情報

ピックアップ・カテゴリー

    

このページの先頭へ